将来建築の仕事に就きたいならインテリアの専門学校へ行こう

ウーマン

設計に必要な資格

内観

基礎から学べる

店舗設計の仕事に就きたいのなら、インテリア専門学校に通うと良いでしょう。最近の専門学校ではコース名こそちがいますが、「ショップインテリアコース」のような名前で、店舗設計を専門にしたコースがあります。このコースはほとんどの専門学校では、2年間のカリキュラムとなっています。店舗設計なので、まずは建築についてもしっかりと勉強をしていきます。これは建物の構造であったり、実際にCADを使用する授業となります。専門学校では、資格の取得も積極的に取り組んでいるので、店舗設計に必要なインテリアコーディネータ、建築士の資格取得の勉強も行われています。このように1年次には建築とインテリアをバランス良く学んでいくのが専門学校の特徴です。

空間を演出

店舗設計の仕事に就きたいのなら、空間の演出が大切になります。設計図や建物の構造の知識はもちろん、photoshopやイラストレーターも使用できなければなりません。大体専門学校の2年次はこれらの知識を踏まえた上で、演習や作品作りをしていきます。実際にはテーマを決めて、そのお店のコンセプトにあったデザインや、空間の目的を演出していきます。授業では様々な題材が出され、その目的にあったデザインやインテリアを考案するアイデアを出したりします。このような授業を受けつつ、店舗設計に特に必要なカラーコーディネータやインテリア設計士といった資格も取得できます。このように店舗設計に必要な知識だけでなく、資格も取得できるのです。